投与時の注意事項

投与時の注意事項

  • 有効期間を確認してください。(有効期間を過ぎている場合は使用しないでください。)
  • 室温に戻してから投与してください。(通常、室温に戻すには30分程度が目安です。)
  • 異物が混入していないか確認してください。(内容物中に明らかな粒子又は変色が認められる場合は使用しないでください。)
  • 注射部位は上腕部、腹部又は大腿部とします。同一箇所への2本の注射は避け、投与毎に注射部位を変えてください。
  • 皮膚が敏感な部位、皮膚の圧痛、挫傷、発赤、硬化等がある部位には注射しないでください。
  • 乾癬の皮膚症状がある部位には注射しないでください。
  • 注射は下記の要領で行ってください。
  • -オートクリックスの場合-
    • アルコール綿で注射部位(皮膚)を消毒します。
    • 注射部位に対して、90度にあたるように注射器を持ちます。
    • 確認音が鳴るまでしっかり押し込み、注射します。
    -シリンジの場合-
    • アルコール綿で注射部位(皮膚)を消毒します。
    • 針キャップを外し、針が上向きになるように注射器を持ちます。
    • 注射部位をつまみ、斜めに素早く注射します。
    • 本剤は1回で全量を使いきってください。
    • デバイス(注射器)やシリンジ、針を再使用しないでください。